出血を防ぐために家族で注意して要る行い

うちのおじいちゃんは心臓に持病があります。薬の中に血栓ができないように血をさらさらにする機能を持つものがあるのですが、その薬の影響で出血が止まらないマンネリになっています。

少々切っただけでもティッシュを何枚も使って拭き取り去るぐらいの出血があるので、家族全員で注意していなくてはなりません。爪切りもあたいか女房がやっています。

昨今耐えるのが、おじいちゃんが自分で、しかもハサミで爪を切って仕舞う事柄。一般人がやってもマジ危険なのですが、血液の止まらないおじいちゃんが始めるなら一層だ。

おじいちゃんの辺りにカッターなど刃物は置かないようにしています。ただし、お手伝い様がおじいちゃんの湿布やガーゼを貼り入替えるのに少ないハサミを使うので、それだけ客間に置いてあります。

おじいちゃんが爪を切りたいというって、祖母に頼んでそのハサミを取らせるみたいです。先日おじいちゃんがハサミで爪を切っているのを女房が見つけて取りました。取り上げたはいいものの、「見つからない所に捨て置く」と言ってクラスの一部に置いたのであっという間に祖母がハサミを見つけてしまいました。

あたいが「そのハサミ、切れがたいからあたいが研いでおく」と言っておじいちゃんのもとにとっていらっしゃるのは遠退けました。今はあたいという女房しか出入り止める客間に置いてあります。

ただし、ハサミはお手伝い様が取り扱うので、生じるたびに逐一持って行かなくてはならないのがちょっと面倒です。むかし流行ったクロレラ、ユーグレナとどこが違うのか?